美容整形による輪郭の施術

口腔内から切開して脂肪を除去する方法

脂肪によってたるんでしまったのを改善したい場合には、バッカルファット除去が行えます。
バッカルファット除去は、口腔内から切開して脂肪を除去する方法になります。
バッカルファットという脂肪を除去することによって物理的に小顔となり、脂肪でたるんでいた頬を引き上げることで輪郭をスッキリさせながら、たるみやほうれいせんを解消することが期待できます。
輪郭注射はメディカルハーブを中心とした薬剤を注射することで、顔やあごの脂肪を減らしていく治療方法です。
脂肪の分解、リンパ液や血液の流れを良くして脂肪を燃焼して代謝を促すことで引き締め作用を得られます。
時間をかけずに直接的に改善したい場合は、骨などにアプローチする方法もあります。
顎プロテーゼは、人口軟骨であるプロテーゼを顎に挿入することでラインを整える手術です。
フェイスラインを大きく変化させることができます。
一般的には口の中を切開して顎にプロテーゼを入れるポケットを作り、そこに事前に作っておいた理想の形状をしたシリコンプロテーゼを入れてラインを調整つして美しいEラインを作っていきます。

手軽なヒアルロン酸注入とボトックス注射 : 口腔内から切開して脂肪を除去する方法 : アゴの骨を削ったり切ったりする方法