美容整形による輪郭の施術

アゴの骨を削ったり切ったりする方法

アゴ削りは文字通りアゴを削る施術です。
アゴの骨を削ったり切ったりすることによってフェイスラインをスッキリさせることができます。
アゴがしゃくれている、大きいなどの状態の人に有効で、口の中を切開してから下顎の先端部分である顎の骨を露出させて削ったり、切ったり、先端部分を移動させるなどして固定させます。
骨に直接アプローチする方法ですので、少しの変化でも顔の印象を大きく変えられます。
エラ削りは、筋肉ではなくエラの骨に問題があるときに効果的です。
口の中を切ってそこからエラを切ることによって、フェイスラインを整えることができます。
ボトックス注射とは異なり一度行えば半永久的に効果を得ることができます。
美容整形には様々な方法があります。
数回の注射でコンプレックスが改善できる方法や、直接切ったりすることでラインを整えることができるなどがありますが、それぞれメリットだけではなくデメリットやリスクもある方法です。
行う場合には、きちんとリスクやデメリットなども考えて信頼できる技術力の高い医師の元で行うことが大切となります。

手軽なヒアルロン酸注入とボトックス注射 : 口腔内から切開して脂肪を除去する方法 : アゴの骨を削ったり切ったりする方法

【スリムでも丸顔なのは筋肉が原因】
体は太っていなくても、顔だけ丸かったりエラが張っている人は、頬やアゴの筋肉が原因です。
筋肉が強く太いとその分膨らみができ、顔が大きく見えます。
だからといって噛む回数を減らしても筋肉は小さくならないので、ボトックス注射が効果的です。

— Metabolic syndrome (@Metabolic_synd) 2018年7月9日